エクセルマクロ、生物学、生命科学、きのこ、禅

偶然に出会ったものごとについて書いていきます。

マインドフルネス

マインドフルネスは、禅の中で経験する1つの心理的状態を言っているのだと思う。「看脚下」や「喫茶去」も、同様の趣旨を持っているように思える。

スティーブ・ジョブスが禅に傾倒し、愛読したのが「Zen Mind」という本で、鈴木俊隆氏が英語で書いた禅の解説書である。この中に「マインドフルネス」という語句を使っている章がある。一方、メンタルヘルスやメンタルケアの視点から、禅の効果的側面に焦点を当て、宗教的要素を抜いて、万人に受け入れられるようにするために「マインドフルネス」という用語が使われ始めたようだ。

「マインドフルネス」だけを解説した文章を読むと、何を言っているのかよく分からないのは、そのためだろう。Zen Mind中の「マインドフルネス」もよく分からないのだが。

 

禅マインド

 

人権

「青い目、茶色い目」というドキュメンタリー映画がある。これは、アメリカの小学校の先生、エリオット先生、が自分の授業を記録に残したものだ。

www.youtube.com

クラスの生徒を青い目と茶色い目の生徒に分けて、わざと互いに差別させるという授業を展開した。なぜ、エリオット先生が、このような授業を行ったかというと、キング牧師が暗殺されるという事態を受けて、人種差別を無くすためには、差別を頭で理解するだけでは無理で、差別を体験して、初めて、なぜ差別がいけないのか、を理解することができる、と考えたからだった。

 このビデオは、NHK BS1 2007年10月21日 BS 世界のドキュメンタリー青い目、茶色の目~教室は目の色て分けられた~A CLASS DIVIDED (制作 WGBH (アメリカ1985年))

としても放送された。

ジェーン・エリオット先生の「茶色い目と青い目の実験」の授業

 

高校教師をしていた時に、人権についての授業の教材として、私も使っていた。

これは、世界遺産に相当するほどの人類の遺産であると思う。

 

 

 

Researchmap

Researchmapというサイトに、研究者は様々な研究業績を登録することができる。研究者は、いろいろな場面で、研究業績を報告しなければならない。Researchmapに登録している情報を利用して、報告書を仕上げることができれば、報告書作成の手間が省ける。各研究機関で、Researchmap情報を活用でいるようにそれぞれで工夫はしているようだ。

Researchmapからは、自分の登録情報を、csvファイルやjsonファイルで、ダウンロードできる。このcsvファイル群から、必要な情報を抜き出して、Wordで作られた報告書の様式に、自動で転記するマクロを作成した。

1)まず、Researchmapから、csvファイルとして、情報をダウンロードする。

  このとき日付の名前でzipホルダーでダウンロードされてくるので、同じ名前の通常のホルダーに中身を移す。

2)このホルダー内に、「rm情報転記マクロ」のファイルを入れる。

3)「rm情報転記マクロ」のファイルでは、「csv_data」シートに一時的にデータを読み込み、「rm情報収集」シートに必要な情報を記入して行く。

 

そのマクロが「rm情報取集マクロ」

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Sub A_csv_dataへの情報収集()
'
'Researchmapからエクスポートされたファイル群から情報を収集し加工します。

Dim Csv_Import_File  'Excelファイルに取り込むCSVファイルの名前を入れ込む変数'

Dim myDate As Long
Dim myMsg As String
Dim myTitle As String
Dim a As String
Dim b As String

Dim wb As Workbook

Dim str As String, Str1 As String, Str2 As String, Str3 As String, Str4 As String

myTitle = "Researchmap からダウンロードした日付-----------------------------"
myMsg = "日付を20230114のように入力してください。"
myDate = Application.InputBox(Prompt:=myMsg, Title:=myTitle, Default:=1, Type:=1)
If myDate <> 0 Then
    a = myDate
    Else
    MsgBox " 入力された日付が正しくありません。"
End If

 

 ' 1)● -----------------【個人情報】  (rm_resarchers)データの取込ーーーー

      Csv_Import_File = "rm_researchers" & a & ".csv" '----日付入りのcsvファイル-------どのcsvファイルを開くのか、を決めている。
      If Csv_Import_File = "False" Then Exit Sub  'キャンセルなら終了'
      b = ThisWorkbook.path & "/" & Csv_Import_File '------- バス付きのファイル名

Worksheets("csv_data").Activate    ' csv_dataのシートをアクティブにする'

    ThisWorkbook.Sheets("csv_data").Range("A1:ZZ100000").ClearContents  '「csv_dataシートのセル「A1?ZZ100000」をクリアする'
    
    Set wb = Workbooks.Open(b)
        Sheets(1).Cells.Copy ThisWorkbook.Sheets("csv_data").Range("A1")  '全てのデータをこのブックの 「csv_data」にコピーして、閉じます。
    wb.Close savechanges:=False
    
    str = Cells(3, "R").Value '姓(日本語)
    Str1 = Cells(3, "U").Value '名(日本語)
    Str2 = Cells(3, "AI").Value '所属名(日本語)
    Str3 = Cells(3, "AK").Value '部署名(日本語)
    Str4 = Cells(3, "AM").Value '職名(日本語)
    
    Cells(3, 80).Value = str & " " & Str1              '氏名(姓+名)
    Cells(3, 90).Value = Str2 & " " & Str3             '所属部署
    Cells(3, 100).Value = Str4 & "・" & Cells(3, 80)   '職・氏名
    
          With Worksheets("csv_data")
            .Range(.Cells(1, 1), .Cells(3, 100)).Copy
          End With
        
          With Worksheets("rm情報収集")  '「個人情報」は3行目にペーストする。
            .Range(.Cells(3, "E"), .Cells(3, "E")).PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, Operation:=xlNone, SkipBlanks:=False, Transpose:=False
          End With
    
Sheets("rm情報収集").Activate

' 2)● ---------------- (rm_education )学歴データの取込ーーーー

      Csv_Import_File = "rm_education" & a & ".csv" '----日付入りのcsvファイル
      If Csv_Import_File = "False" Then Exit Sub  'キャンセルなら終了'
      b = ThisWorkbook.path & "/" & Csv_Import_File '------- バス付きのファイル名
      
      
       Cells(2, "A").Value = a & str & Str1 'データ日付+氏名
      
    Worksheets("csv_data").Activate    ' csv_dataのシートをアクティブにする'

    ThisWorkbook.Sheets("csv_data").Range("A1:ZZ100000").ClearContents  '「csv_dataシートのセル「A1?ZZ100000」をクリアする'
    
    Set wb = Workbooks.Open(b)
        Sheets(1).Cells.Copy ThisWorkbook.Sheets("csv_data").Range("A1")  '全てのデータをこのブックの「CSVデータ取込み」シートにコピー'
    wb.Close savechanges:=False
    
          With Worksheets("csv_data")
            .Range(.Cells(1, 1), .Cells(10, 100)).Copy
          End With
        
          With Worksheets("rm情報収集") '「学歴データ」は、7行目にペーストする。
            .Range(.Cells(7, "E"), .Cells(7, "E")).PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, Operation:=xlNone, SkipBlanks:=False, Transpose:=False
          End With
          
Sheets("rm情報収集").Activate

 

 
' 3)● ---------------- rm_research_experience 職歴、研究歴データの取込ーーーー

      Csv_Import_File = "rm_research_experience" & a & ".csv" '----日付入りのcsvファイル
      If Csv_Import_File = "False" Then Exit Sub  'キャンセルなら終了'
      b = ThisWorkbook.path & "/" & Csv_Import_File '------- バス付きのファイル名

Worksheets("csv_data").Activate    ' csv_dataのシートをアクティブにする'

    ThisWorkbook.Sheets("csv_data").Range("A1:ZZ100000").ClearContents  '「csv_dataシートのセル「A1?ZZ100000」をクリアする'
    
    Set wb = Workbooks.Open(b)
        Sheets(1).Cells.Copy ThisWorkbook.Sheets("csv_data").Range("A1")  '全てのデータをこのブックの「CSVデータ取込み」シートにコピー'
    wb.Close savechanges:=False
    
          With Worksheets("csv_data")
            .Range(.Cells(1, 1), .Cells(10, 100)).Copy
          End With
        
          With Worksheets("rm情報収集") '「職歴・研究歴データ」は、30行名にペーストする。
            .Range(.Cells(30, "E"), .Cells(30, "E")).PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, Operation:=xlNone, SkipBlanks:=False, Transpose:=False
          End With
    
Sheets("rm情報収集").Activate

 

 
 ' ● -------------- rm_published_paper 論文発表データの取込-------◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

      Csv_Import_File = "rm_published_papers" & a & ".csv" '----日付入りのcsvファイル<<<<<<<<<<<
      If Csv_Import_File = "False" Then Exit Sub  'キャンセルなら終了'
      b = ThisWorkbook.path & "/" & Csv_Import_File '------- バス付きのファイル名

Worksheets("csv_data").Activate    ' csv_dataのシートをアクティブにする'

    
    Set wb = Workbooks.Open(b)
        Sheets(1).Cells.Copy ThisWorkbook.Sheets("csv_data").Range("A1")  '全てのデータをこのブックの「CSVデータ取込み」シートにコピー'
    wb.Close savechanges:=False

    For i = 3 To 100 ' -----------------------------------------------------------------------------------著者名の整形----50列目に表示
             str = Cells(i, 8).Value  'Authors name
             Str1 = Replace(str, "[", "")
             Str2 = Replace(Str1, "]", "")
             Str3 = Replace(Str2, ",", ", ")
       Cells(i, 50).Value = Str3
    Next i
    
    For i = 3 To 100
              str = Cells(i, 16).Value  'Jounal name
              Str1 = Cells(i, 17).Value  ' Volume
              Str2 = Cells(i, 19).Value ' Start page
              Str3 = Cells(i, 20).Value  ' End page
              Str4 = Left(Cells(i, 14), 4) ' Year
        Cells(i, 51).Value = str & ", " & Str1 & ": " & Str2 & "-" & Str3 & " (" & Str4 & ")"  '加工された発表論文情報----51列目に表示
    Next i

    For i = 3 To 100
             str = Cells(i, 50).Value   ' Processed Authors name
             Str1 = Cells(i, 6).Value   ' Title
             Str2 = Cells(i, 51).Value 'Processed Journal name
         Cells(i, 100).Value = str & ", " & Str1 & ", " & Str2 '-------------------------------「Authors, Title, Journal, Year」を100列目表示する。
    Next i
    
          With Worksheets("csv_data")
            .Range(.Cells(2, 1), .Cells(50, 100)).Copy
          End With
        
          With Worksheets("rm情報収集")  '「論文発表データ」は、100行目にペーストする。
            .Range(.Cells(101, "E"), .Cells(101, "E")).PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, Operation:=xlNone, SkipBlanks:=False, Transpose:=False
          End With
          
          
          With Worksheets("csv_data")
            .Range(.Cells(2, 1), .Cells(50, 100)).Copy
          End With
        
          With Worksheets("papers")  '「論文発表データ」は、100行目にペーストする。
            .Range(.Cells(2, 1), .Cells(50, 100)).PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, Operation:=xlNone, SkipBlanks:=False, Transpose:=False
          End With
          
          
        
Sheets("rm情報収集").Activate
    
    
    
 ' ● -------------- rm_presentations 学会発表データの取込ーーーー<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

      Csv_Import_File = "rm_presentations" & a & ".csv" '----日付入りのcsvファイル<<<<<<<<<<<
      If Csv_Import_File = "False" Then Exit Sub  'キャンセルなら終了'
      b = ThisWorkbook.path & "/" & Csv_Import_File '------- バス付きのファイル名

Worksheets("csv_data").Activate    ' csv_dataのシートをアクティブにする'

    
    Set wb = Workbooks.Open(b)
        Sheets(1).Cells.Copy ThisWorkbook.Sheets("csv_data").Range("A1")  '全てのデータをこのブックの「CSVデータ取込み」シートにコピー'
    wb.Close savechanges:=False

    For i = 3 To 100 ' 著者名の整形
        str = Cells(i, 7).Value  'Authors name
           Str1 = Replace(str, "[", "")
           Str2 = Replace(Str1, "]", "")
           Str3 = Replace(Str2, ",", ", ")
       Cells(i, 50).Value = Str3
    Next i
    
    For i = 3 To 100
          str = Cells(i, 9).Value  ' 学会名
          Str1 = Cells(i, 11).Value   '年月日
              'Str2 = Cells(i, 19).Value ' Start page
              'Str3 = Cells(i, 20).Value  ' End page
              'Str4 = Left(Cells(i, 14), 4) ' Year
        Cells(i, 51).Value = str & ", " & Str1 '& ": " & Str2 & "-" & Str3 & " (" & Str4 & ")"  '加工された発表論文情報
    Next i

    For i = 3 To 100
         str = Cells(i, 50).Value   ' Processed Authors name
         Str1 = Cells(i, 5).Value   ' Title
         Str2 = Cells(i, 51).Value 'Processed Journal name
         Cells(i, 100).Value = str & ", " & Str1 & ", " & Str2 '100列目に「Authors, Title, Journal, Year」を表示する。
    Next i
    
          With Worksheets("csv_data")
            .Range(.Cells(1, 1), .Cells(50, 100)).Copy
          End With
        
          With Worksheets("rm情報収集")  '300行目にペーストする。
            .Range(.Cells(300, "E"), .Cells(300, "E")).PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, Operation:=xlNone, SkipBlanks:=False, Transpose:=False
          End With
        
Sheets("rm情報収集").Activate
    
End Sub

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

4)次に、所定のWordファイルにrm情報を転記するマクロですが、

予めWordファイルには、

たとえば、氏名を書くべきところに、[氏名]を置いておく必要があります。

以下のマクロを実行すると、転記するべきWordファイル名を聞いてきます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Sub C_Wordへの転記()
 
'プログラム2|変数設定
Dim i As Long, k As Long
Dim waitTime As Variant

Dim myTitle As String
Dim myMsg As String
Dim myWord_File As String

Dim WF As String


    'プログラム3|シート設定
Dim ws As Worksheet
Set ws = ThisWorkbook.Worksheets("rm情報収集") 'ワークシートを指定している。
    
              'プログラム4|エクセルの最終行と最右列を取得
              ' Dim cmax As Long, cnt As Long
              ' cmax = Range("A65536").End(xlUp).Row
              ' cnt = Range("IV1").End(xlToLeft).Column
              
myTitle = "転記するWordファイル名"
myMsg = "転記するWordファイル名を入力して下さい。"
myWord_File = Application.InputBox(Prompt:=myMsg, Title:=myTitle, Default:=1, Type:=2)  'Type:=2は、文字列入力を指定している。

    
    'プログラム5|ワード起動
    Dim wdapp As Word.Application
    Set wdapp = CreateObject("Word.application")
    wdapp.Visible = True
 
    'プログラム6|テンプレートワードのパス取得
    Dim path As String
    WF = ThisWorkbook.path & "\" & myWord_File & ".docx" '<<<<<<<<<<<<

    
     Worksheets("使い方").Cells(24, "Q").Value = WF      '<<<<<<Wordファイルの確認
 
    'プログラム7|エクセルのデータを1行ずつ処理
    'For i = 2 To cmax
        
        'プログラム8|テンプレートワードを開く
        Dim wddoc As Word.Document
        Set wddoc = wdapp.Documents.Open(WF)
        waitTime = Now + TimeValue("0:00:10")
        Application.Wait waitTime
 
        'プログラム9|テンプレートワードにエクセルデータを挿入●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
          With wddoc.Content.Find
                .Text = "[職・氏名]"  '<------------探し出す文字列
                .Forward = True
                .Replacement.Text = ws.Range("CZ5").Value   '置換する文字列
                .Wrap = wdFindContinue
                .MatchFuzzy = True
                .Execute Replace:=wdReplaceAll
            End With
            
            With wddoc.Content.Find
                .Text = "[氏名]"  '<------------探し出す文字列
                .Forward = True
                .Replacement.Text = ws.Range("CF5").Value   '置換する文字列
                .Wrap = wdFindContinue
                .MatchFuzzy = True
                .Execute Replace:=wdReplaceAll
            End With
            
             With wddoc.Content.Find
                .Text = "[学位]"  '<------------探し出す文字列
                .Forward = True
                .Replacement.Text = ws.Range("AX5").Value   '置換する文字列
                .Wrap = wdFindContinue
                .MatchFuzzy = True
                .Execute Replace:=wdReplaceAll
            End With
            
            With wddoc.Content.Find
                .Text = "[職位]"  '<------------探し出す文字列
                .Forward = True
                .Replacement.Text = ws.Range("AQ5").Value   '置換する文字列
                .Wrap = wdFindContinue
                .MatchFuzzy = True
                .Execute Replace:=wdReplaceAll
            End With
        
            With wddoc.Content.Find
                .Text = "[所属]"  '<------------探し出す文字列
                .Forward = True
                .Replacement.Text = ws.Range("CP5").Value   '置換する文字列
                .Wrap = wdFindContinue
                .MatchFuzzy = True
                .Execute Replace:=wdReplaceAll
            End With
        
        
        
        
For k = 1 To 5 '------論文5報を転記する。●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
        
        Dim part1 As String
        Dim part2 As String
        Dim longText As String
        Dim p1 As String
        Dim p2 As String

        longText = Worksheets("rm情報収集").Cells(101 + k, "CZ").Value    '複数の論文を置換していく。

        ' 長いテキストを分割
        part1 = Left(longText, 255) ' 255文字まで
        part2 = Mid(longText, 256) ' 残りの部分
        
        p1 = "[論文" & k & "part1]"
        p2 = "[論文" & k & "part2]"
        
             
            With wddoc.Content.Find
                .Text = p1  '<------------探し出す文字列-------[論文+k+part1]
                .Forward = True
                
                .Replacement.Text = part1   '置換する文字列
                .Wrap = wdFindContinue
                .MatchFuzzy = True
                .Execute Replace:=wdReplaceAll
            End With
            
             With wddoc.Content.Find
                .Text = p2  '<------------探し出す文字列-------[論文+k+part2]
                .Forward = True
                
                .Replacement.Text = part2  '置換する文字列
                .Wrap = wdFindContinue
                .MatchFuzzy = True
                .Execute Replace:=wdReplaceAll
            End With
            
             Worksheets("使い方").Cells(26, "Q").Value = part1    'part1の確認
             Worksheets("使い方").Cells(27, "Q").Value = part2    'part2の確認
            
Next   '***************論文の文字列を置換している。
        
        
        
For k = 1 To 5 '--------学会発表5つを転記する。●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
        
        'Dim part1 As String
        'Dim part2 As String
        'Dim longText As String
        'Dim p1 As String
        'Dim p2 As String

        longText = Worksheets("rm情報収集").Cells(301 + k, "CZ").Value    '302行目に最初の学会発表があるので。

        ' 長いテキストを分割
        part1 = Left(longText, 255) ' 255文字まで
        part2 = Mid(longText, 256) ' 残りの部分
        
        p1 = "[学会発表" & k & "part1]" '<------------探し出す文字列---
        p2 = "[学会発表" & k & "part2]" '<------------探し出す文字列---
        
             
            With wddoc.Content.Find
                .Text = p1  '<------------探し出す文字列---
                .Forward = True
                
                .Replacement.Text = part1   '置換する文字列
                .Wrap = wdFindContinue
                .MatchFuzzy = True
                .Execute Replace:=wdReplaceAll
            End With
            
             With wddoc.Content.Find
                .Text = p2  '<------------探し出す文字列---
                .Forward = True
                
                .Replacement.Text = part2  '置換する文字列
                .Wrap = wdFindContinue
                .MatchFuzzy = True
                .Execute Replace:=wdReplaceAll
            End With
            
             Worksheets("使い方").Cells(26, "Q").Value = part1    'part1の確認
             Worksheets("使い方").Cells(27, "Q").Value = part2    'part2の確認
            
Next   '***************論文の文字列を置換している。
                
        
        
        'プログラム10|データを差し込んだワードを印刷
        'wddoc.PrintOut
        
        'プログラム11|ワードファイルを保存
        Dim str As String
        str = ws.Range("A2").Value & myWord_File & ".docx"
        wddoc.SaveAs Filename:=ThisWorkbook.path & "\" & myWord_File & "転記済み.docx" '<<<<<<<<<<<<

        
        'プログラム12|テンプレートワードを保存せずに閉じる
        wddoc.Close savechanges:=False
        
        'プログラム13|オブジェクト解放
        Set wddoc = Nothing
        
        'プログラム14|エクセルにデータを出力
        ws.Range("B2").Value = Now & "処理済"
        
   ' Next
    
    'プログラム15|ワードをアプリケーションごと閉じる
    wdapp.Quit
    Set wdapp = Nothing
 

End Sub

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

「rm情報転記マクロ」というエクセルファイルを作り、

csv_data」と「rm情報収集」というワークシートを作成して、

上記の2つのマクロを実行すれば、所定のWordファイルに

rm情報を転記してくれるはずです。

 

255文字までしか文字変数に入れられないので、どうしたらいいか、ChatGTPに聞いてみたら、

  ' 長いテキストを分割
        part1 = Left(longText, 255) ' 255文字まで
        part2 = Mid(longText, 256) ' 残りの部分

と回答があったので、これを採用しました。

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

実験とは。

 生命科学などの科学(Science)では、実験した結果を考察して、真実を見抜こうとする。多くの科学者が日々、実験をしている。大学の3年生後半から、理系の大学生は、研究室に配属されて、各自のテーマで実験を行うことになる。実際に、実験を行い始めると、実験したからと言って、成果に結びつくとは限らないことに気づくと思う。すなわち、実験しても思うような結果にならなくて、成果と言えるものに辿り着かない。実験しても前進するとは限らない。それでも、実験しないと絶対に前進はしない。それが、研究というものである。

 作業仮説がもともと間違っているのかもしれないし、テクニカルな問題に直面してしまっているのかもしれない。

 成果を得ようと日々実験しているのに、前進しないと、滅入ってきてしまう。それでも、実験をしないと、絶対に前進はしない。どこかを変えないといけない。何を変えればいいだろう。作業仮説を変える、実験手法を変える、・・・。トラブルシューティングの日々が続く。あれよあれよと時間が過ぎて行って、時間がいくらあっても足りなくなる。

 それでも、研究テーマさえ良ければ、日々実験していると、少しずつではあるがデータが蓄積してきて、論文としてまとめることができることがある。一方、まとめることができなくて、お蔵入りしてしまうデータも多々ある。そのいくつかは、卒業論文修士論文として研究室に残っていく。

 実験も、就活も、やっても進むとは限らないが、やらないと絶対、前には進まない。すなわち、努力量に比例して成果が出ない類の活動である。

 

無意識の構造

河合隼雄さんの「無意識の構造」という本がある。心の構造が図示されていた。自我は、ペルソナ(仮面)を操りながら、外界や他人と向き合い、四苦八苦している。一方、自我は内界(意識)とも付き合っている。自我の認識が及ばない心の領域が無意識であり、無意識の中心に自己は存在している。自我は自己のことに気づいていないのが普通である。無意識の中には、心的複合体(コンプレックス)が存在する。様々な経験を通して、意識できるところにあったものが、時間と共に、心の中の無意識の領域へと沈んで行って、心的複合体を形成し、様々な作用を無意識的に引き起こすことになる。

心の構造を分析する専門家ではない私たちも、心の構造や無意識の作用、自我と自己の関係性を知っておくと、自分のメンタルヘルスケアにも役立つし、悩んでいる人にアドバイスする手掛かりとなるように思える。

心の構造

 

無意識の構造

Google Formsの利用

Google Formsで応募してもらうと、一覧表ができます。こうして、一覧表を作っておいてから、個別票作成マクロを使って、個別票を作り、処理すると、手間が省ける業務が色々あるように思えます。